頑丈にもほどがある

2006年 | 未分類 2 Comments »

ぼくが使っているノートパソコンは、IBM ThinkPadX31という機種なのです。重さは1.6kgと少々重たいですが、キーボードも打ちやすく、とっても頑丈で、非常に気に入って使っております。

先日などは、妻にアツアツの紅茶をキーボードにこぼされました。なんだかこぼしそうだったので、「気をつけなよ」と言った瞬間にこぼされました。しかし、ThinkPadは壊れることもなく順調に動いております。

そんな頑丈なThinkPadですが、今日メーカーへ修理に出すこととなりました。

このX31には、CDドライブが付いていないので、ソフトをインストールしたいときなどは「ウルトラベースX3」なるものを装着するのです。使い終わり、さあウルトラベースを外そうかな、とレバーを引っ張ったところ、「ボキッ」と嫌な音を立てながら折れてしまいました。

さあ困った。もう何をしても外れません。自分で無理矢理ウルトラベースの方を壊して、引っぱがそうと何度も試みましたが、自分の手に怪我を作るだけでした。無茶すると本体の方が壊れそうです。

仕方ないのであきらめてメーカーに問い合わせると、修理には25,100円掛かるそうです。修理というか。メーカーの方でも外すためには、ウルトラベースを破壊しなきゃいけないみたいで、新品のウルトラベースと交換になるそうです。っていうか普通に高過ぎるだろ。

しかしそんなに頑丈なのに、何でレバーだけはヤワなんだよ。

開幕したようです

2006年 | 未分類 No Comments »

新聞のテレビ欄なんかを見てると、「Wカップ」なんて文字が目に付いて、「おおっ! どんだけ巨乳なんだよ。」と思って目を凝らして、「なんだサッカーかよ。」と舌打ちをする頻度が目に見えて向上してくる昨今。いかがお過ごしでしょうか。オキツです。

それではまた。

扇風機地獄変

2006年 | 未分類 No Comments »

先日、某国立大学の教授と話しをする機会がありました。

などという書き方をすると、非常に大袈裟な感じがしますが、何のことはなく、大学時代のゼミの先生と世間話をしてただけのことです。

そんなことはどうでも良いのですが、話していた内容は、もっとどうでも良く、簡単に説明すると、「最近めっきり暑くなってきて、ぽっちゃり体型のぼくたちはとっても苦労するよね」ということでした。

就寝時、こちらは暑い暑いと言っているのにパートナーが寒い寒いと言って大変困るという話題になった時、ぼくは、そのような場合は扇風機を自分に向けたまま寝ます、と言いました。

すると、その某国立大学の教授は、関西弁丸出しで、「おまえ、それ死ぬで。」と、ぼくに凄んできました。

でたでた。これだから文系の教授は非科学的都市伝説を信じてしまうから困る。

確かに、そのようなことはぼくも小さい頃親から言われてきました。しかし学生時代にクーラーの無いアパートで一人暮らしをしていた時、扇風機をつけっ放しにしなければ寝ることが出来ずに死んでしまうほどの暑さの中で何度も行ってきた行為です。今ぼくが生きているのが何よりの証拠。第一、たかが扇風機で死ぬ意味がわかりません。

すると、その某国立大学の教授は、またも関西弁丸出しで、「信じへんかったらそれでええ。だがうちの母親は実際に見たんや。」と、ぼくに凄んできました。

何でも、その某国立大学の教授の実家は、過去に旅館を経営していたらしく、度々そうやって死んでしまった客がいたとこのことです。

そのような体験談みたいなことを聞いてもなお、この某国立大学の教授の話を信じていなかったのですが、今日何となく気になってネットでいろいろと調べてみました。何しろぼくは世界最長寿記録更新を密かに狙ってますからね。

で、調べた結論としては、扇風機をつけっ放して寝ると死ぬことがあるというのは、どうも本当のことのようです。わお、びっくり。

死んでしまう原理としては、風が当たることによって、身体の表面の水分が気化し、気化熱によって体温が低下して、最終的には心臓麻痺を起こして死に至るみたいです。クーラーは、風を直接当てなければ大丈夫みたい。風邪は引くかも知れませんが。

そんなわけで、皆さんも扇風機を当てたまま寝るのはやめた方が良いですよ。でも、証拠が残りにくそうなので、「扇風機殺人」なんかが流行るかも知れませんね。

おっと、これはウカウカと寝てられない…。

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン