フレンチブルーミーティング2009

2009年 | No Comments »

毎年恒例フレンチブルーミーティングへ行ってきました。

今年は4台で参加。この数時間後にテントが役立つことに…

今年は4台で参加。この数時間後にテントが役立つことに…

午前中は素晴らしい青空が広がっていたのですが、午後になってドンドンと黒い雲が空全体を覆いはじめ、2時半頃には天気予報どおりに雨が降ってきました。

強い風も吹き出して、時には横殴りの激しい雨になってきたので、テントの下で雨宿りをしつつ撤収の準備。まわりもほとんどの人たちが帰り支度を始めました。

本部席からの、なんとか盛り上げようとするアナウンスがむなしく響き渡ります。

というわけで、突然の雨のためにぼくたちを含むほとんどの人たちが、途中で帰ってしまったわけですが、最後のビンゴゲーム大会はどうなったんでしょうか。非常に気になります。

ぼくが乗って来たキャトルという車なのですが、昔の車なので窓ガラスの曇りを取ってくれるような便利な装備は付いていません。なので、このような天候の場合、全ての窓ガラスが盛大に曇りまくります。

そんな状態で、タオルを片手に窓を拭き拭きしながら高速道路を帰ってきたのですが、いやあ久々に死ぬかと思いましたよ。もう前も横も後ろも全然見えないんですよね。あははは。

来年以降、雨が降りそうなときはキャトルで行くのはやめようと思いました。

アルファロメオ145が故障した

2008年 | 1 Comment »

スタッドレスタイヤを履かせ、スキーキャリアも付けて、すっかり雪山仕様となったアルファ145。スタッドレスタイヤの磨耗が勿体無いので、普段の通勤にはルノー4を使っています。

今日は朝から雨模様。ルノー4は雨の日には窓が曇りまくって運転が少し怖いので、久しぶりに145に乗って通勤することにしました。やはり車はたまに動かさないと調子が悪くなりますから。

さっそくエンジンを掛けて、駐車場から車を出そうとギアをバックに入れたのですが、なんだかクラッチの戻りが悪いです。しかもサイドブレーキを戻したのですが、警告ランプが付いたままです。

なんだか調子が悪そうだなあ。仕事が終わったら車屋さんへ持っていかなきゃ。と思いつつ、路上に出て、ギアをローに入れ直そうとしたところ、クラッチが戻らなくなってギアが一切入らなくなりました。立ち往生です。

何度もギアを入れようとするのですが、状況は変わらず。自分の後ろには車の列。列。列。…これは焦ります。

この場でいくら頑張っても動きそうに無いので、妻を運転席に乗せて、車を後ろからヨイショヨイショと押して駐車場へなんとか車を戻しました。動かなかったらどうしようかと思いましたが、結構動くもんです。ちょっと怪力人間のイメージ。

そんなこんなで車をルノー4に乗り換え、曇る窓を拭きながら通勤しました。

ネットで色々と調べてみると、どうやらブレーキオイルが漏れたことが原因のようです。こちらのブログに載ってるのと全く同じ症状ですね。

そう言えば一ヶ月ほど前に、サイドブレーキの警告ランプが消えないということで車屋さんに行ったんですよ。その時に「ブレーキオイルを足しておいたけどどこかが漏れてるかも知れないから様子見てねー」と言われたことを思い出しました。

しかも、「放っておくとクラッチが入らなくなって大変だよー」って言うのを聞きながら笑ってたなあ…。遠い思い出。

2 of 212
WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン